​施術者の紹介

fullsizeoutput_56.jpeg
IMG_9994.jpg

院長      方波見 将之(かたばみ まさゆき)

保有国家資格  理学療法士

        福祉住環境コーディネーター2級

 

​IOAJ会員

​ユニバーサルオステオパシー研究会所属

​2007年に国家資格を取得後、総合病院、整形外科に12年勤務し、リハビリテーションを行っておりました。リハビリテーションを行う中でなかなか症状が改善されない患者さんに出会い、患者さんの訴える痛みを何とかしたいという思いから、様々な治療法を勉強しました。様々な治療法を学ぶ中でオステオパシーを知り、セミナーを受講しました。
そのセミナーでオステオパシーが痛みや痺れ以外にも、内科疾患、婦人科系の問題、中耳炎、多動症、精神疾患など身体の様々な問題に対して手技で治療することができるということを知り、衝撃を受けました。オステオパシーの可能性の素晴らしさに魅入られ、オステオパシーを上手くできるようになりたいという一心で、休日は東京や神戸にセミナーを受けに行く日々が続きました。自分の技術力が上がることでより多くの患者様や家族が喜んでくれるようになり、『オステオパシーの素晴らしさをより多くの方に知ってもらいたい』、『より多くの方のお役に立ちたい』という思いからオステオパシー治療院 いぶき を開業しました。

臨床経験は16年目となり、延べ60000人以上の患者さんに携わってきましたがオステオパシーはとても奥が深く、今でも新たな発見と学びの連続です。より素晴らしい技術が提供できるよう現在もオステオパシーのセミナーを受講し続けております。
また、オステオパシーだけに囚われず、トラウマケア、心理学、ヒーリング、ヨガなども学び、人間をより深く捉えることでオステオパス、ヒーラーとして日々知識との技術の研鑽に努めております。

 
「どこへ行っても改善しない方」、「原因不明の症状でお困りの方」など、身体のことでお悩みの方は是非一度ご相談ください。より幸せな人生を送るためのサポートが出来ればと思っております。
S__15310862.jpg

​山本 卓弥(やまもと たくや)

​保有国家資格 理学療法士

私が医学の道に進んだのは “母の病気を治したい” という思いからでした。

 

幼少期からオステオパシー治療院いぶきで働き始めるまでの経緯を話させていただきます。

私の地元は函館で小さい頃は両親、祖父母、近所の人に可愛がられ、とても人懐っこく育ちました。

その反面、周りに怒っている人がいると心が苦しくなり泣き出してしまう性格で、自然と人が笑顔になるように気持ちを察し行動するような子供でした。

保育園、小学校と食べることがとても好きで丸々と大きく育ちました。(小学校で一番のおデブでした笑)

私の母は沢山食べてくれると嬉しかったようで毎日沢山の手料理を作ってくれ心も体も愛情たっぷりに育ちました。

 

そんな中、私が小学生の時に母が呼吸器の重たい病気になりました。

薬をずっと飲まなければいけない体になったのです。

 

それでも母は働き者で私達子供に一切辛い顔を見せませんでした。

その時は私もそこまで重たく考えていませんでした。

 

しかし私が中学生になった時に母の病気が悪化し、

地元函館の病院では診ることが出来ず札幌まで運ばれることになります。

札幌医科大学付属病院で治療でき1か月後に退院し自宅に戻ることができました。

その時「どうして函館で治せる医者がいないんだ」「俺が母ちゃんの病気を治す!」

そう思い、自分が札幌医科大学医学部に入って母ちゃんの病気を治せる医者になると決意します。

 

中学から猛勉強し試験で学年1位を取り市内一の進学校に行くことになります。

 

高校に入ってからも勉強を頑張っていました。

しかし進学校には天才が沢山いて正直ショックでした。

高校2年生の時、いろんな理由を付け医学部を目指すことを諦めました。

しかし札幌医科大学に行きたい気持ちが捨てきれず、そこで選んだのが『理学療法学科』でした。

 

猛勉強の末、何とか札幌医科大学理学療法学科に合格できました。

 

しかし問題だったのが理学療法の勉強が楽しくなかったことです。

骨、筋肉、関節、運動、どの授業も全然興味を持てず勉強に身が入りませんでした。

 

国家試験を合格し病院で働き始めますがやっぱり気持ちが入りません。

患者さんと会話することや触れることで元気になっていく姿をみることは嬉しかったのですが筋トレ、歩く練習は全然興味が持てませんでした。

だって家に帰ったらすぐに調子が悪くなって元の状態に戻ってしまうから。

 

なんとか自分の仕事を頑張ろうと色んな勉強会に参加し続けました。

しかしどれも心に響かず。

そんな時にオステオパシーの勉強会に出会います。

 

オステオパシーの勉強会ではお互いに施術し合うのですが、

胸の骨の施術の練習をしている時にだんだん腰が軽くなってくる感覚がありました。

私は長い間腰痛に悩んでいて、どんな勉強会に行っても、どんな先輩に治療してもらっても治らなかったんです。

腰痛は一生付き合っていかなければいけないのかなと諦めていました。

それなのに、勉強会でただ胸に手を当ててほぐれてくるのを待つだけの練習で腰まで良くなったんです。

正直、オステオパシーは本当にソフトな手技が多いので傍から見たら何をしているか分かりません。

ただ私にはとても心地よくどんどん体が楽になっていくのが分かりました。

練習が終わって腰が楽になったことを講師の先生に聞くと

「胸の骨には横隔膜が付いている。横隔膜は腰骨にも付いている。胸の骨が柔らかくなって横隔膜が動くようになり、最終的に腰骨まで動きが良くなったんだよ。」と説明してくれました。

そしてもう一つ私の心に刺さった言葉が

「あとね、胸の骨には感情の問題が溜まっていることが多い。山本君の場合も感情の問題が大きく影響していたよ。」

感情?心の問題に施術できるの?!

私の求めていたものはコレだと思いました。

 

病院で患者さんと接していても

皆さん回復過程、良くなっていく道筋は違いました。

それは育ってきた環境、感じてきたものが違い

回復を妨げる障壁が違うからです。

 

病院では保険診療なのでDrの指示に従い、

指示された場所を決められた期間で対応する。

これは当然のことです。

それがルールです。

 

でも僕はもっと患者さんの心の状態にも接して

必要な時間をかけて、心から元気になる姿を見たかった。

 

やっと自分の気持ちに気づいた瞬間でした。

 

『体、心、魂のバランスを整え、自分が本来持っている元気でいる力を回復させる』

という、

 

オステオパシーの考え方がとても魅力的でした。

 

オステオパシーを学んでからはどんな症状にも対応できるので、

母の施術も出来るようになり夢を叶えることが出来ました。

地元に帰る度に施術を受けられることを楽しみにしているようです。

 

こういった想い、経緯で病院を辞め、

オステオパシー治療院いぶきで働くことにしました。

 

これまで10年間の理学療法士としてのリハビリテーション経験を活かしながら、

表面的な問題だけでなく、

その人自身、その人の心が求めている場所に導けるよう心の声に耳を傾け、

本当の原因を解消できるよう努めていきます。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

fullsizeoutput_a2.jpeg

​稲野辺 雅子(いなのべ まさこ)

保有国家資格 理学療法士

※勤務時間 9:00〜17:00  前日までに要予約

脳神経外科、整形外科にて12年勤務。2児の母。

長男の産後に原因不明の頭痛、腹痛、吐き気、血圧上昇、しびれなどの様々な体調不良が続きました。

このまま一生、体調が悪い状態で暮らさなければならないのかという絶望感、子供の面倒をみたいのに笑顔で構ってあげられない自分への苛立ち、仕事に復帰することはできるのかという不安から、閉塞感を感じていました。

その頃、理学療法士の夫が東京で受講してきたフェルデンクライスのレッスンを私に試してくれました。わずか数分、小さく動いただけなのに、私の首や肩がスーっと楽になりました。頑張らなくてもいいし、痛くもない、そのレッスンの虜となり、毎日欠かすことが出来なくなりました。育児と家事の合間に続けているうちに、毎日服用していた鎮痛剤をほとんど使わなくなるくらい体調が改善していきました。

その感動から、身体に関することをもっと勉強したいという思いが強くなり、フェルデンクライス、オステオパシー、東洋医学など様々な方法を学びました。

特にフェルデンクライスは、レッスン後の心と身体の爽快感や、その人のありのままを肯定してくれる哲学的な部分、レッスンの度に身体の新な発見をするワクワク感が大好きで、多くの方に伝えていきたい思いになり、現在もプラクティショナーを目指して学びを続けています。

整体は施術とフェルデンクライスを取り入れたエクササイズを合わせて行っています。

エクササイズは、筋トレやストレッチではなく、小さくゆっくりとした無理のない動きを行うものです。動いている時にどのように身体が動いているのか、どうやったらもっと楽に動けるのかなど、観察や探求をしながら行います。

施術と一緒に行うことで、痛みのある動作や、筋肉と関節に負担のかかる動きに気づいて頂き、ご自身の身体に合った、楽で負担のない動作を選んでいけるようにお手伝いします。そのことが、痛みや症状の改善に加え、根本的の問題を解決してくれると考えています。